いつもご愛顧くださり有難う御座います! ゲスト様 カートを見る

トップページ > SALON DE ALFURDについて

SALON DE ALFURD
TOKYO

センスと遊び心を兼ね備えた
レザーバッグ & ファーアイテム
全ての毛皮を染色するという願いを込めて付けられたブランドの名前はアルファード・ALFURD (ALL FUR DYINGの略造語)。1966年、ファーの染色工房からスタートしました。

未だ見ぬ「色」への飽くなき探求を続けた創業者。今、自分の目の前に存在する「色」を超えていく美しさ、理想を目指し続けた、その精神は、今日を生きる私達の「ものづくり」に対する精神に、そして、ブランドのアイデンティティとして継承されております。

心にゆっくりと広がっていく美しい色、自然と手に取りたくなる軽さ、日常に溶け込む使いやすさ、情景を彩るかのような上質な素材、デザインを高める縫製を目指していく・・。それはシンプルというだけでなく、商品に関する全てを「洗練」させ、「センス」良く仕上げるということ。

そして私達は、そんな研ぎ澄まされた商品とは裏腹に、女性らしい華やかさと飾り気、思わずクスっとほほ微笑んでしまうような、ちょっとした「遊び心」をあえて、添えています。

それはなぜか?・・・・皆様の明日が一段と輝き、そしてポジティブな気分になってもらえたらと強く願うからです。この一心で今日も新しく鞄を創造します。チャレンジします。

これからも「サロン・ド・アルファード」の進化のために、クリエイティブへの情熱を胸に抱き続け、私達は東京発・日本発のラグジュアリーブランドを目指してまいります。

History

サロン・ド・アルファード・ジャパンの歩み
当ブランドのルーツは、1966年に満田 一夫が創業したファーの下請け加工業まで遡ります。 元々、学術面での化学者であった創業者は、知人の仕事の手伝いとして始めたファーの染色に、専門であった写真の現像の技術を応用し、その技術を確立しました。

当時は、アパレル/ファーブランド向けにファーの染色加工を請け負っていて、1978年になると、ファーを中心とした衣料品の縫製工場を併設。 アパレルメーカー向けにファーやレザー、カシミヤなどの高級素材を使ったガーメント類の縫製加工を請け負う工場へと守備範囲を拡大しました。

1987年にはショールーム開設。ファー、レザーのガーメント類の小売・卸事業を開始すると同時に、高級素材を生かしたバッグや小物類の製作もこの頃よりスタートさせています。

このような技術的なバックグラウンドを基に、世界に通用する商品を作りたいという思いから、 現代表(満田 浩樹)が2007年、ファー小物をメインアイテムとするオリジナルブランド「SALON DE ALFURD」を設立。本格的にオリジナルアイテムの創作を始めるようになりました。

2008年春夏から2010年春夏シーズンには、セミオーダーが可能なレザーアイテムがコレクションに加わり、2010年秋冬シーズンには各種女性ファッション誌にも取り上げられました。

今後も、知る人ぞ知る日本のファッションブランドとして、皆様の御期待を超えられるブランドに成長できるよう努めてまいります。

Craftman

クラフトマンシップ
サロン・ド・アルファード・ジャパンでは自社のアトリエを中心に、イタリアなど世界各地から厳選した工房にてオリジナルアイテムの製造を行っております。

サロン・ド・アルファードの出発がファーの染色及び縫製工場であったために、ファーのモノづくりに関しましては40年以上の実績と評価を頂戴しております。 また、自社工場以外の協力工場におきましても、その道何十年の熟練の職人さんを抱える工房に依頼をしております。

このようなクラフトマンシップの基、製品の更なる付加価値加えていくべく、その実現に向けて日々努力・改善を重ねて参ります。

Creative

クリエイティビティ
熱意あるクラフトパーソンの「想い」によって、お客様に感動をお伝えするためにも優れたデザインと機能性が欠かせません。 音楽の世界に例えると、いくら良い演奏者がいても、楽曲のメロディーやハーモニーが良くなければ、その演奏者は人々の心を打つことは難しいということです。

そのような考えの基、SALON DE ALFURDでは洗練された美しいデザイン、体感することができるユーザビリティー・機能性を常に意識し、製品のデザインを行っています。 タンナーさんはもちろんのこと、金具メーカーさんや縫製・加工メーカーさんとの連携を強化し、 “ジャパンプロデュース”の名に恥じない逸品を生み出し、一丸となってお客様に「感動」をお伝えすることを信条としています。

つまり、サロン・ド・アルファードのクリエイティビティの大きな特徴の1つは、1つのアイテムに携わる全ての方の意見を考慮し、製品作りに生かしているということになります。 デザイナーだけでなく、モノづくりの主体者である職人、お客様との接点であるカスタマーサポートも含め、 「お客様の期待を超える革新的な製品とは何か」ということを全社的に常に考え、意見を出し合い、企画、開発に取り組んでおります。また、多くのお客様のご意見を参考にさせていただき、グレードアップさせた製品や企画した製品が多数ございます。

そのプロセスを通じて、私達は世界に通用するファッションブランドとは、すなわち、世界中の皆様から愛されうる製品を創り出すことに他ならないと考えています。サロン・ド・アルファードの力を結集させ、世界中を探しても、私達にしか提供できないような革新的な製品を出すことが最重要であると考えております。

Collection

コレクション
SALON DE ALFURDのコレクションは主に、ハンドバッグ、財布がメインとなっており、更に 秋冬になるとファーアイテムが多くなります。それらは、ブランドコンセプトを軸にしつつ、デザインや機能性などの特徴に合わせて「アンジェリーナ」、「キャリー」といったラインに分けられています。

そのラインに分けられたアイテムたちは、言わば「意志」を持っているということなのだと思います。完成するまでの過程を経て、私達の想いを込めた1つのアイテムが、お客様に「自らが自らを伝える」ということ。お客様の大切な人生の中で、自分自身の役割をしっかりとこなすことができるかどうか、心に語り掛けなければなりません。

そして、お客様に手に取っていただいたとき、サロン・ド・アルファードの「全て」が伝わり、感動を巻き起こすことができればと考えています。世界で認知されるブランドを目指すことと同じくらい、難しく、果てしなく尊いこの目標をこれからも大切にしてまいります。ぜひ実店舗で、インターネット上でもアイテムの特徴や想いを書かせていただいておりますので、そのバックグラウンドもお楽しみいただき、サロン・ド・アルファードというブランドに共感していただけたらと思っています。
Message
「SALON DE ALFURD」を通して皆さまと共に人生をかけて追求していきたいテーマは、 美しくあること・上質であること・機能・性能が良いこと(=役に立つこと)・意外性があること・夢があること。 これらのテーマを追い求め、商品やサービスに乗せてお届けしていきたい。そして、皆さまの人生をもっと素晴らしく、日々が豊かになるように元気と活力をお届けしたいと、常にそのようなき持ちを大切にしてまいります。お客様にファッションを通じて、感動を伝えるという壮大なミッションのために、これからも絶え間ない努力を続け、会社だけでなく個人としても成長していきたいと思っております。
満田工業株式会社 代表取締役
サロン・ド・アルファード 総合プロデューサー
満田浩樹
 商品検索 キーワード:   


個人情報の取り扱いについて  |  特商法に基づく表記  |  SALON DE ALFURD ALL RIGHTS RECEIVED
数量限定【福袋】
SALE 開催中