東京恵比寿「サロン・ド・アルファード」 洗練さと遊び心を兼ね備えた大人の女性のレザーバッグ
ログイン  |  新規会員登録(無料)で500ptプレゼント  |   21,600円以上送料無料  |       

 
いつもご愛顧くださり有難う御座います! ゲスト様 カートを見る

トップページ > ニューズレター

ニューズレターはサロン・ド・アルファードとお客様をつなぐ「信頼と夢の懸け橋」です。
もっとサロン・ド・アルファードを身近に感じていただきたいと、そんな願いを込めて
懸け橋のレシピを、豊富な写真と文章でお届けいたします。
2017年4月号 (第4号)
最新号 一括ダウンロード
最新号(1月号)の一括ダウンロードはこちらをクリック
B4見開き / B5単ページ
最新号インデックス
東京恵比寿とサロン・ド・アルファードの想い
フォーマル 3way クラシック ハンドバッグ
フォト
春の新作 キャリー トートバッグ ヴァーティカルタイプ
サロン・ド・アルファードのスマイリーフェイス
社長がお答えします!(お客様のレビューへのご回答)
サロアル的革講座(イタリアンクロコ型押しレザー)
この春おすすめのコーデ
恵比寿三越店 スタッフ (山室 希)
Web事業部 スタッフ紹介 (斉田 光子)
おさんぽボレロちゃん
今日の川上さん

NEWS LETTER
- VOL.04 - 2017 APR. - Continued on the Website
- 続きはWebで 2017年 4月号 -
イタリアンクロコ型押しレザー編
改めまして、サロン・ド・アルファード 社長 兼 レザーバイヤーの満田です。圧倒的な広さを誇る革の展示会「リニアペレ」を歩き回り、念願叶ってようやく出会うことができたイタリアンクロコ型押しレザー。今回は、その革にまつわる想いを書かせていただきましたが、「続きはwebで!」ということで引き続き、紙面で書ききれなかった革の詳細やお手入れ方法のご案内をさせていただきます。
美しく、強いレザー
イタリアンクロコ型押しレザーは、サロアルが取り扱うレザーの中でも、強く、扱いやすい部類に入ります。イタリアンクロコ型押しレザーは腑(ふ)の模様(クロコ型押し模様の凹凸)がはっきりしているので、それがダメージを分散することにつながり、比較的傷がつきにくくなります。また、独特の光沢・ツヤ感を併せ持つセミマット仕上げの表面が、細かい傷を目立たせなくさせてくれるのも大きなメリットと言えます。
一方で、表面がスムースな革ですと、傷を遮るものが無いのでダイレクトにダメージが伝わってしまうことになります。見た目の問題もあるので、一概に革の表面が強い、弱いだけでは良し悪しを判断することはできませんが、使用するシーンによっては、革の表面がその後の使用感を大きく左右することがあります。
とはいえ、クロコ型押しレザーであっても、極端に強い力による場合には、やはり傷跡が目立ってしまいます。腑の模様の凹凸がダメージの入り方を分散させるとはいえ、腑の模様が大きい場所では傷が入りやすくなります。ですので、ボックスカーフレザーやエナメルレザーのような群を抜いた対傷性とまではまいりません。
しかし、「強いレザー」の部類には確かに入りますので、デイリーで、普段からたくさんお使いになられたい方にもオススメできるレザーとなっております。革質の変化の度合いも、熟成するかのようにゆっくりと進み、使っていくうちに次第に革に柔らかさが生まれることで、特有の上品な高級感が生まれます。
クロコ型押しレザーも、いつものケア剤で
お手入れの仕方ですが、この革においても、今号以前に既に登場しておりますユニタス社(イタリア)の革ケアキットが活躍してくれます。(このケア剤は本当に優れものです!)このケア剤はマットな質感と表面のコーティング効果が高いことから、イタリアンクロコ型押しレザー特有の魅力を損なわずに、表面をコーティングし、質感の持続を助けてくれます。
更に撥水効果が含まれている点も見逃せません。元々、このイタリアンクロコ型押しレザーは表面にツヤ加工を施しているため、水滴を僅かに弾くものの、許容範囲を超えた水分がつくと水染みになる可能性があります。ですので、水染みのリスクを減らすためにも、頃合いを見計らって、このケア剤のように撥水、防水効果のあるタイプで、しっかりとお手入れをしてあげることが大切です。
特に、買ったばかりの頃に梅雨などの時期にぶつかって「すぐに水染みが付いたら嫌だな!」と思われる方は、新品時からケア剤のご使用をオススメしております。水気だけに限りませんが、バリアを張っておく、というのが非常に重要です。
時と共に、過ごし、深み極まる
この革は最初は固さがあり、引き締まった質感ですが、使い込んでいくうちに革自体が柔らかくなってきて、少しずつ馴染んでいきます。時と共に、新品時のツヤ感は落ち着いた印象に、そして腑の模様は刻み具合に深みが生まれてきますので、経年経過を楽しむレザーと言えます。お手入れを定期的に行いますと、その味わいをゆっくりと楽しむことができ、次第にまとう唯一無二の「ビンテージ感」は、刻一刻と魅力を増しながら仕上がっていきます。
このイタリアンクロコ型押しレザーは、バッグやお財布の美しさを更なる高みに引き上げるハイレベルなレザーです。その理由の1つはやはり、毎日使っている中で気づかない内に新しい表情を生み出していく、それ故に飽きがこない美しさがあるからだと思っています。きっと、これからも多くのお客様を魅了し続けてくれるに違いありません。
ふとしたとき、この革を眺めていて、その世界観に惹き込まれていきそうな感覚を感じる度に、出会い、そしてサロアルにやってきてくれて本当に良かったと心から思っています。この記事を書いているとき、そこかしこに春らしさを感じる頃。お客様にお読みいただいているときは、もしかすると梅雨の時期を迎えているかもしれません。レザーに水気は大敵ですので、今号ご紹介のバッグに限らず、ご愛用のレザーバッグにはお気を付けいただければと思います。



2017年1月号 (第3号)
最新号 一括ダウンロード
最新号(1月号)の一括ダウンロードはこちらをクリック
B4見開き / B5単ページ
最新号インデックス
満田工業株式会社50周年記念パーティー
サロン・ド・アルファード50年の歩み
音楽の履歴書
冬の新作、企画デザインにこめた想い
新年を彩るサロン・ド・アルファードのロングウォレット
この冬おすすめのコーデ
サロアル的革講座 ゼウスレザー編
ファーリフォーム・リメイク
Yebisu News/今日の川上さん/Staff Interview
表紙のバッグ/お散歩ボレロちゃん/編集後記

NEWS LETTER
- VOL.03 - 2017 JAN. - Continued on the Website
- 続きはWebで 2017年 1月号 -
サロアル的革講座 ゼウスレザー
改めまして、サロン・ド・アルファード 社長 兼 レザーバイヤーの満田です。今号のサロアル的革講座では、私との偶然の再開の末にサロアルにやってきた「ゼウスレザー」をご紹介いたしました。その続きということで、ゼウスレザーの名前に隠された命名の由縁と、お手入れ方法を書かせていただいております。私の予想に反して「ゼウス」の意味が意外なところに・・・(笑)
ゼウスの「神々しさ」かと思いきや・・・
「ゼウスレザー」という名前は、すでに商品ページ内でもご説明している通り、ギリシャ神話に登場する神様「ゼウス」のことです。Monfrini社の商品名なのですが、私達日本人にも、とてもキャッチーで覚えやすいネーミングなのでそのまま拝借して使用しています。
さて、皆さまは神様のゼウスと言えばどんな姿を思い浮かべますか?多くの方が、片手に大きな杖を持ち、威厳があり、その神々しさは後光が差すよう・・・そんな姿を思い浮かべると思います。
私もそうなのですが、ウィキペディアを見てみると
------ ゼウスは、ギリシア神話の主神たる全知全能の存在。全宇宙や天候を支配し、人類と神々双方の秩序を守護する天空神であり、オリュンポス十二神をはじめとする神々の王でもある。全宇宙を破壊できるほど強力な雷を武器とし、多神教の中にあっても唯一神的な性格を帯びるほどに絶対的で強大な力を持つ。 ------
と書かれていて、まさに神様の中の神様、という感じですね。あまりにも凄すぎて、近寄り難さを感じてしまいます。(笑)
改めてゼウスレザーを眺めてみると、確かにそんな雰囲気。芸術性あふれる美しさに対し、ぴったりのネーミングだと思います。また、ゼウスは稲妻を起こすことができる神様ということで、ゼウスレザーならではのクラッシュ感(しわ感)がそう見えなくもありません。「神様が巻き起こした稲妻が駆け巡るレザー」と聞けば、如何にも凄そうなレザーに見えてきます。
ところが、Monfrinim社のセールスマネージャーPaolo氏(パオロ氏)の話によると、そうじゃないとのこと!
まず、そもそも開発コンセプトが「ヴィンテージ(ユーズド感・オールド感)」であり、そもそも本来は丁寧に使うのではなく、使用と経年経過による革質の変化や、傷を味わい深さとして楽しむレザーなのだそうです。そのイメージにぴったりだったのが神様ゼウスだったわけですが、
つまり、ゼウスの「神々しさ」とかではなく、
ゼウスが老人であり、そして髭(ひげ)があったから
・・・ということみたいです(笑)
これには私も驚きでした!確かに本来のヴィンテージ感とは、そもそも年月が必要なものなので、ゼウスの年齢(?)や、風貌は合っていますし、クラッシュ感も髭に例えてみると、幾分おしゃれ過ぎる髭ではありますが、何故か妙に納得できるところがあります。(笑)神様の髭!というユーモラスな見方が加わると、なんだか愛着がわいてきますね。イタリアならではの遊び心と言いますか、少し可愛らしいレザーに見えてきます。
でも、私の最初のイメージから思い浮かぶ圧倒的な「凄さ」の余韻もまだあって、イタリアの革は奥が深いな〜と益々惚れ込みました! - ただ美しいだけではつまらない - それを自然体で実行しているのかなと思うとともに、イタリアの革が世界中で愛される理由を垣間見たような感じがします。
広げれば1枚の革、でも今回のゼウスレザーのように、深く見つめれば、新しい情報があり、そこには「熱意」があるということ、これからも忘れないようにしようと思います。
※ 実はイタリアンソフトレザーと同様に、Monfrini社のパオロ氏にゼウスレザーに関するインタビューをしてみました!より詳細についてお知りになりたい方は、ぜひこちらもご覧くださいませ。
「ダメージジーンズのような」革のお手入れ方法とは??
ゼウスレザーは厚さも薄く、他のサロアルの革よりもデリケートで、傷が付きやすい仕様です。上記した通り、Monfrini社ではそれらをあえてコンセプトに取り入れることで、個性際立つ美しさを表現しています。
言うならば、世界でたった1つだけの、ジーンズのダメージ加工のようなクラッシュ感(しわ感)。その元々ある傷やしわ感に加え、使い込むうちに生まれる新た「表情」を楽しむということ、それがゼウスレザーのコンセプトです。それ故に、あえてダメージジーンズのように、デリケートさを気にせずに、ざっくりと使い込み、経年変化を楽しむのがMonfrini社が推奨する革の楽しみ方ということになります。
しかしながら、高価なバッグですし、そんなに雑には使えない!と、抵抗があるという方も多いと思います。そのようにお考えの方には、やはり、以前よりニューズレターに登場しているユニタス社(イタリア)の革ケアキット(http://www.salon-de-alfurd.jp/fs/salon/0975)がおすすめです。ユニタス社のケア剤は、塗った際のマットな質感と表面のコーティング効果が高いことから、ゼウスレザー特有の質感の劣化を遅らせ、表面をガードし、質感の持続を助けてくれます。
更に特筆すべきは、このケア剤は革に撥水性を付けることができるということです。本来、ゼウスレザーは水にあまり強くなく、水滴が付いた状態で放置すると、その跡が残ってしまう可能性があります。梅雨のように長期間に渡る雨の場合ですと、更にそのリスクが高まりますので、そんなときには特にユニタス社のケア剤が役に立ちます。また、バッグ全般に言えることなのですが、革の深部に到達する汚れは落ちなくなるだけではなく、腐食の原因にもなります。この段階になりますと、革そのものを交換するしか手立てがありません。ゼウスレザーは厚さがないため、腐食の影響で破れが起きやすいこともあり、初期のお手入れとして今回のケア剤をご活用していただいても、バッグが喜ぶと思います!
実店舗では商品をご購入時に、このケア剤を無料で塗るサービスも行っておりますので、ご希望の際にはぜひお声かけくださいませ。
チャンスの神様は前髪しかない!
紙面からwebに渡ってゼウスレザーについて解説させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?私は、その革に隠された物語がわかると、お客様に説明するときに思わず熱が入ってしまうのですが、何しろゼウスレザーは偶然の再会の喜びもあって、思い入れもひとしおです。ぜひ、お客様にも私と同じようにゼウスレザーを気に入っていただけたら幸いです。
今回のゼウスレザーとの出会いですが、「チャンスの神様は前髪しかない!」とはよく言ったもので、私は一度、神様ゼウスの前髪を掴み損ねてしまいました。(笑)そしたら、私のことを気の毒に思ったのでしょうか?偶然の再会という粋な計らいのもとで、また引き合わせてくれました。でも、これから出会うレザーは恐らく「神様」ではないでしょう。そして前髪もきっと無いはずなので、次は「一期一会」の言葉を心に刻み、これからも最高のレザーを追い求めていこうと思います!



NEWS LETTER
- VOL.03 - 2017 JAN. - Continued on the Website
- 続きはWebで 2017年 1月号 -
ピアノとクラシック音楽とX JAPAN
今号では僭越ながら、私、満田の幼少からのピアノにまつわる話をさせていただきました。幼少の頃、無理矢理始めさせられたピアノが、大人になって大きな財産になるとは当時からすると夢にも思わなかったわけですが、今や私の中の感性にも大きな影響を与えています。そして、サロン・ド・アルファードも、自分自身がクラシック音楽やX JAPANから影響を受けたように、いつの時代もそういう存在でありたい!と強く思うようになりました。そのためには何が必要なのか?改めて考え直してみることにしました。
未来へ語り継がれるブランドになるためには
子供の頃、もしかしたら反抗期みたいなところもあって、一度離れたピアノに、再び情熱を取り戻してくれたX JAPAN。そして、歴史にその名を刻む音楽家の楽曲と深く接していく中で、
サロン・ド・アルファードも未来に語り継がれていくようなブランドになりたい!
と強く思うようになり、そのために必要なことは何だろう?と常に考えるようになりました。クラシック音楽と同じように、100年後、いえ、もっと先の未来の人々にも知られ、愛され続けるような何かを残すことができるのか・・・
もしも、私がサロン・ド・アルファードを通じて、それを為し得ることができたら、人類に何か一つ残すことができた!と胸を張って自分の生きた証にすることができますし、次の世代へと託すこともできます。
実はそれが私の考える最高の人生の一部だったりもします。
その中で思い浮かんだのが、サロン・ド・アルファードだけの「タイムレスな価値」が必要だということです。
- Timeless - タイムレスとは「永久、時代を超える」という意味を持ちます。
語り継がれる作品にたりうる理由
では、「タイムレスな価値」とは何なのでしょうか?
例えば、ショパン、ベートーベン、バッハ・・・彼らのように偉大な音楽家が作曲するクラシック音楽は、誕生から今日まで愛され、現代の音楽性に深く息づいています。数百年の時が流れれば、新しい音楽が生まれては廃れての繰り返しですから、その中でも色褪せることなく残っているということは驚く他なく、感動さえ覚えます。きっと、これからも途絶えることなく語り継がれていくでしょう。
その理由は何故かと問われれば、そこには「タイムレスな価値」が存在し、その時代を生きる人たちが独自にそれを見出しているからだと思います。
時代に左右されない普遍的な何かがあり、そういう楽曲を聴いた人の心の中に、何となく活力が沸いてきたり、心地良かったり、元気が出たり、時代を問わずいつもそのような役割を果たしている、まさに「タイムレスな価値」を提供していると言えます。
もちろん音楽家自身が目指した「タイムレスな価値」もあると思うのですが、さすがに一縷の隙なく計算し、数百年後の個人の心まで支配するのは難しそうです。そして、人の感覚は千差万別、解釈が異なるのは仕方ありません。
時代を問わず「心を揺さぶる」ことができただけでも、この上なく素晴らしいことだと思います。
そして、それはサロン・ド・アルファードが目指すゴールでもあります。
未だ見ぬ SALON DE ALFURD - TIMELESS - を目指して
海外の老舗一流ラグジュアリーブランドにおいては、すでに「自分たちの考えるタイムレスな価値とはこういうものだ」と明確に表現する商品ラインを展開しているところがほとんどです。そして、時代を超えてもブランド価値は揺らぐことなく、いつまでも、世界中のお客様に愛され続けています。
サロン・ド・アルファードも、誰もが知る世界ブランドと比肩するためには、- タイムレスな価値を提供する - その目標にチャレンジしなくてはならないと強く思っています。とはいえ、ファッション業界は価値観の移り変わりが目まぐるしい程に速く、オリジナルの「タイムレス」を確立するということは、とても困難なことです。
しかし、それを探す他ありません。私はどうしても、次の世代に託したいのです。私が愛するベートーベンやショパン、X JAPANを聴いたときと同じように、心の琴線に触れ、感動が沸き上がる「何か」を。
サロン・ド・アルファードならば、その答えを見つけることができると固く信じています。そして、私もそのための努力を惜しまず、たくさんのチャレンジを続けていこうと思っています。今、この紙面をお読みいただいているお客様はもちろんのこと、いつの日か、世界中の人々にサロン・ド・アルファードが表現する「タイムレス」をお見せすることをお約束いたします。
さて、今号までの間、恐縮ながら私の話をたくさん書かせていただきました。お付き合いいただき本当にありがとうございます!次号から、しばしお休みさせていただきます。(引き続き、サロアル的革講座では登場いたします!)
かけがえのないご縁をいただいた全てのお客様に、サロン・ド・アルファードの中のサロン・ド・アルファードを、もっともっと知っていただくためのニューズレター。これからもご期待くださいませ!


SALON DE ALFURD 総合プロデューサー 兼 満田工業(株)代表取締役
満田浩樹



2016年10月号 (第2号)
最新号 一括ダウンロード
最新号(10月号)の一括ダウンロードはこちらをクリック
B4見開き / B5単ページ
最新号インデックス
代表インタビュー
秋の新作・企画にこめた想い
バッグの概念を覆す圧倒的な機能性を
サロアル的革講座
この秋おすすめのコーデ
Yebisu News/今日の川上さん/Staff Interview
表紙のバッグ/お散歩ボレロちゃん/編集後記

NEWS LETTER
- VOL.02 - 2016 Oct. - Continued on the Website
- 続きはWebで 2016年 10月号 -
イタリアン シュリンク型押しレザー - 優等生な革のお手入れ方法とは?? -
サロン・ド・アルファードのWebサイトにお越しくださり本当にありがとうございます。サロン・ド・アルファード 社長 兼 レザーバイヤーの満田です。2016年 10月号のニューズレターにてご紹介した「イタリアンシュリンク型押しレザー」はいかがでしたでしょうか?そのお手入れ方法を引き続きWebにてご紹介をさせていただくということで早速ではございますが、よろしくお願いいたします!
実は結論から申し上げますと、堅牢な本レザーのバッグは特段お手入れをしなくても十分なレザーです。ただし、より美しさをキープしつつ、長く使用したい方においては、堅牢とは言え、革の表面を保護するために初期のお手入れが必要です。お手入れは、市販のレザークリームを表面に満遍なく布やスポンジで添付してから、革表面に染み込ませるように磨いてください。そうすることで、特に汚れにおいては、革内部に浸透するのを防ぐことができるので、汚れが付いたとしても落としやすくなります。
サロアルのケアクリームをお使いになられたい場合は、比較的しっとり仕上がるコロンブス社(日本)のクリスタルクリーム(http://www.salon-de-alfurd.jp/fs/salon/0622)とマットに仕上がるユニタス社(イタリア)のトリートメントキット(http://www.salon-de-alfurd.jp/fs/salon/0975)をご用意しております。
マットな質感と表面のコーティング効果が高いことから、本レザーでは、どちらかというとユニタス社のトリートメントキットをオススメします。表面をユニタス社のトリートメント剤でコーティングすることで、「保護膜」を作り、汚れや傷から守ることができます。また、本レザーは防水性はない革ですので、雨の日には防水スプレーを吹きかけることができればベターです。
そして、「時間の経過」による劣化も見逃すことはできません。本レザーのように丈夫な革でも、時間の経過によって表面塗装が剥がれたり、欠けたりして次第に劣化していきます。(特に角や縁の部分を中心に) その寿命を延ばす意味でも、新品時、そしてご使用後の定期的なお手入れが必要ですが、とはいえ、そもそも丈夫なので「そこまで神経質になることはない」のが本レザーの嬉しいところでもあります。ですので、お客様の負担にならない範囲で、お手入れを行っていただくことをオススメします。少しくたびれてきたかなあと気が付いたときでも、本レザーならそれほど致命傷になることはありません。
しかし、ホワイトなどの淡色は汚れが目立ちやすかったり、シルバー、ゴールドのお色などの箔を使ったレザーにおいては箔自体が剥がれるといった別の問題があります。(下記参照) これらの問題はどうしても色の性質として当然ながら仕方ないということ、箔の剥がれにおいては技術的に完全に防ぐことができません。確かに、シュリンク型押し加工がないものよりは、汚れや剥がれといったダメージには強いですが、それでも他のカラーよりも問題があるのは事実です。こちらの点をご注意いただき、淡色や箔加工のレザーでは、「シュリンク型押し加工」の強さがあるとはいえ、定期ケアの頻度を増やしたり、置き方やお取り扱いの仕方にもご注意いただければと思います。
以上のように、丈夫なイタリアンシュリンク型押しレザーにおいても、「レザーケアをやっておくことに越したことはない」ということになります。そんな「より長持ちさせる」という実利の面はもちろんなのですが、革の強さに関わらず、子供に注ぐ愛情のように、バッグに対しても愛情を注ぐことで、実の子のように愛着がわくのではないかなあ!?と思ったりもします。ぜひお気に入りのバッグは「お疲れ様」の想いを込めてお手入れをしていただければと思います。
ラミナートの世界に、シュリンク型押しの世界を
ここまでお伝えした通り、イタリアンシュリンク型押しレザーは言わば総合力に優れたレザーと言うことができると思います。実は上記にて登場した通り、箔レザーに、この「シュリンク型押し加工」を施すことができます。鏡面を彷彿とさせる箔をのせた「ラミナートレザー(ゴールドやシルバーのお色)」の上にシュリンク型押し加工を施し、「ラミナートシュリンク型押しレザー」に変身します。
光を反射するようなラミナートレザーはちょっとピカピカしすぎて苦手!使っていく箔がはがれる危険性ととなり合わせ・・・でも、あの煌きは気分が上がるし、コーデのアクセントにもなるので持ちたい!という方には、待望のレザーと言っても過言ではないかもしれません。そこで、シュリンク型押し加工を施すことで箔のはがれにくさがUPします。(とはいえ、箔の剥がれにおいて耐久性がパーフェクトになるわけではありません。)
ラミナートートシュリンク型押しレザーは、サロアルでは、にこちゃんのスマホケースアンジェリーナボックス ミニなど一部の商品で既に採用されております。デビューしたばかりですが大人気のレザーです。無料で革見本をお取り寄せ可能ですので、ぜひ一度ご覧いただければと思います。
シュリンク型押しレザーがお手頃な理由
お値段に関しては、同じくサロアルで取り扱う他のイタリア製のレザーよりも若干お手頃である点も嬉しいです。
その一番の理由は、例えばイタリアンソフトレザーなどは、シュリンク型押し模様のような加工を表面に施さないので、原皮の傷を隠すことができないためです。その「隠す加工」がないからこそ、ナチュラルで優しい雰囲気を引き出すことができます。そのようなレザーは比較的価格が高い「傷の少ない原皮」を使用する必要があります。
一方で、本レザーのように細かくシュリンク型押し加工を施すことができる場合は、価格が安い「傷の多い原皮」からでも製造可能なことから、少しお安い価格となります。とはいえ、ここまでお読みいただいた通り、耐久性に優れており、製品としての革になった段階で※傷は隠れております。色合いもイタリアのセンスあふれる繊細な色合いで仕上げておりますので、ぜひ本レザーを含めて、長所短所を見比べながら、多彩な革をお楽しみいただければとお思います。
※ 100% まったく傷が無いという状態は保証することができず、革製造時および製品製造時に多少傷が付く場合がございます。予めご了承くださいませ。

2016年6月号 (創刊号)
最新号 一括ダウンロード
最新号(6月号)の一括ダウンロードはこちらをクリック
B4見開き / B5単ページ
最新号インデックス
創刊にあたって
スタッフインタビュー[クリエイティブディレクター 満田紘出子/今日の川上さん]
スタッフニュース[工房/ネットショップ/スタッフ紹介]
革のお手入れ方法[イタリアンソフトレザー編]
Yebisu News
表紙のバッグ/お散歩ボレロちゃん/編集後記
 商品検索 キーワード:   

個人情報の取り扱いについて  |  特商法に基づく表記  |  SALON DE ALFURD ALL RIGHTS RECEIVED