コラム

もしもサロアルがご当地レザーバッグを作ったら?青森県ヴァージョン

こんにちは☺

火曜コラム担当のサロアルオンライン事業部の篠原です。

完全な趣味で、ブログを通して日本全国のご当地バッグ作りを楽しむこと2週間目。本日は、青森県のご当地バッグに挑戦してみました☻

青森県には、中学校の修学旅行以来うん十年もご無沙汰しておりますが、しとしとと雨が降る中で訪れた幻想的な奥入瀬渓流の景色は今でも鮮明に思い出せます。「雨もいいもんだ。」っとまだ14歳の頃に、しみじみと思ったものです。

青森県の花「リンゴの花」をイメージしたご当地レザーバッグ

リンゴの花の淡いピンクのグラデーションをバッグで再現してみました。ふんわりと可憐なバッグは着物姿にも似合いそう☺。わたしもこんな可憐なバッグが似合う大人になりたいな♪

奥入瀬渓流をイメージしたご当地レザーバッグ

天気や季節によってかわる色や煌めきが美しい奥入瀬渓流の色を、サロアルの人気レザーカラーである「ガンメタリック」で表現してみました。ブロンズ色の青森県のモチーフをのせて、紅葉カラーもプラスしてみましたよ♪シックだけど、どこかミステリアスな?バッグに仕上がりました。

ねぶた祭をイメージしたご当地レザーバッグ

ブラックカラーのレザーをねぶた祭の夜空に例え、山車灯籠の勢いのある美しさを赤いメタリックのレザーで表現してみました。芯の強いハンサムなバッグに仕上がったかな?っと思います。

まとめ

北海道に引き続いての青森県のご当地バッグ、いかがでしたでしょうか?

リンゴの花をイメージしたバッグに、ちょっぴり恋柱(『鬼滅の刃』より)を連想してしまったのは・・私だけでしょうか😅だからかな?合成が出来上がったときに、着物に合わせたくなるバッグだなぁっと思ってしまったのは…。

さて来週は、一気に南に飛んで、沖縄県をイメージしたご当地バッグにチャレンジしてみたいと思います!

では、また~♪

ABOUT ME
篠原雅子
火曜日コラム担当サロン・ド・アルファード WEBデザイナーの篠原雅子です。 年子の息子2人の子育て中。アラフォーでも好奇心旺盛♪チャレンジしては三日坊主の繰り返し(笑)。息子たちの成長と、週末の旦那とのデートを励みに暮らしております☺

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です