5のつく日ブログ

ファー 毛皮のリフォーム・リメイクは実績とデザイン豊富なサロアルで♡

YAMAです。

おうちのクローゼットに、

ファーのコートやマフラー

眠っていませんか?

昔買った高級なファーの洋服、デザインが古くなって着なくなっちゃった。

形見でもらった大切な家族の遺品を持っていたいけれど、このままだと使いづらいな

衣替えの時や、おうちの整理の時に

見つかる、大切な宝もの、毛皮のアイテム。

ずっと前に買ったものだったり、

お母さまから受け継いだコートだったり。

高価なため、

このまま処分するには気が引けて、

そのままにしている。

という方、

たくさんいらっしゃるかと思います。

 

そのまま保管しておくのではなく、

おしゃれにリメイクして

ファーを活用してみたい!

 

だけど、不安ですよね。

たとえば、、、

 

どこでお願いできるの?
どんなリフォーム・リメイクがあるの?
いくらかかるの?
見積りしてから断ることはできる?
誰がやっているの?
どんなファーでもいいの?

 

 

 

毛皮のリフォームやリメイクについて

一つひとつ調べてみました。

 

 

どこでお願いできるの?

ファー(毛皮)のリフォームを専門としているお店で依頼することができます。

サロン・ド・アルファードのファーリフォーム&リメイク

数あるお店のひとつが

サロン・ド・アルファードです。

 

サロン・ド・アルファードのファーリフォーム&リメイク

サロン・ド・アルファードの前身は、

初代が1966年に創業した

ファー(毛皮)の染色専門の会社です。

二代目はファーのアパレルに進出し、

ファー衣類の仕立てを確立しました。

そのノウハウを現代に引き継いで

いるのが、

ファーリフォーム・リメイクサービスです。

|毛皮加工歴40年以上の歴史と技術|
年間200件以上の実績(2014年当社実績)

ファー・毛皮に関する
多様なご要望にお応えいたします

ファー・毛皮コートやストールなどの
部分的リフォームから、
複数のファーアイテムへのリメイクまで、

豊富なデザイン・パターンを
ご用意しております

http://alfurd-fur-reform.com/(サロン・ド・アルファード ファーのリフォーム・リメイクページより)

 

 

サロン・ド・アルファードは、

「軽いレザーバッグとスマイルのお店」で、

現在3代目がバッグのブランドショップを

2007年にスタートしました。

現在、オンラインショップ、直営店舗、

ポップアップ(催事)などで

バッグやお財布・小物などを

販売しております。

サロン・ド・アルファード公式オンラインショップ

 

サロン・ド・アルファードの

デザイン力をファーのリメイクに応用

していることが魅力の一つです♪

サロン・ド・アルファードのファーバッグ

 

 

どんなリフォーム・リメイクがあるの?

 

 

ファーのリフォーム・リメイクとは?

 

ファー(毛皮)のリフォーム・リメイクとは、

お客様のお手持ちのファーを補修(リフォーム)したり、

新しいアイテムへ作り替え(リメイク)するサービスです。

 

処分したり、新しく買い替える

のではなく、

 

今あるファーアイテムを大切に使っていく

=継承していく

 

という思いから生まれた

選択肢のひとつです。

ファーも親から子へ、子から孫へ継承していくもの

 

 

かつてファッションの最先端だった

ファーアイテム。

華やかで、美しく、優れた防寒性がある

貴重な素材のファーアイテムを

リフォーム、リメイクをして

活用しましょう♪

小さなチャームにリメイクも♪

 

ファーのリフォーム の一例

 

サロン・ド・アルファードの

ファー衣類のリフォームパターンを

一部ご紹介します。

サロン・ド・アルファードリフォームページはこちら

 

パーツの取りはずし

コートなど衣類の一部取り外しや交換などをしております。

肩パットの取りはずし

すっきりとしたデザインに変身させることができます。

着物用ショール芯を取って裏地交換

芯を取り外すと、軽くなったり、硬さが軽減されたりします。

着物用ショール芯のみを取る

芯を取ると余分な厚みがなくなり、

着け心地が軽やかにになります♪

 

パーツの新たな取り付け、交換

クリップの取り付けや部品の交換をします。

ケスカ(部品)交換

ケスカ(部品)の交換

 

クリップの取り付け

裏地の交換

襟巻(主にファーマフラー)などの裏地を交換します。

裏地を替えると目新しい印象に♪

 

ボタンつけ

新たにボタンをつけます。

 

ファーの補修

ファーアイテムの(コートやマフラー)のやぶれの修理を行います。

※一部お受けできない場合があります。

 

ファー衣類(主にコート)のリサイズ、裏地交換など

お持ちのファー衣類をジャストサイズにしたり、

シルエットを変えたりすることができます。

こんなことができます♪

・身幅、肩幅、袖の幅つめ

・コート丈や袖の丈詰め

・裏地交換

 

ファーのリメイクの一例

リメイクの内容はどんなものがあるでしょうか。

調べてみました。

 

バッグにリメイク

コートからバッグにリメイクします。

ミニバッグからボストンまで、

バッグブランド自慢のデザインに変身♪

 

カフスにリメイク

グローブ(手袋)にリメイク

マフラー、スヌードにリメイク

コートからベストにリメイク

コートからショールにリメイク

コートからジャケットにリメイク

コートからボレロにリメイク

ファーボレロキーケースにリメイク

人気のボレロキーケースのファーヴァージョン。

複数リメイクして、家族で分けるのもおすすめです。

 

ファーのリフォームやリメイクはたくさんパターンがあります♪

 

いくらかかるの?

リフォームやリメイクにかかる加工料金は様々です。

ファーの種類によって金額もかわります。

ファーリフォームの料金について

リフォーム料金の一例を紹介します。

・部品交換…5,000円(+税)~

・肩パッド取り外し…12,000円(+税)~

・ファーコート裏地取り換え…50,000円(+税)~

その他はこちらから

 

ファーリメイクの料金について

ファーリメイクの料金を一部ご紹介します。

・ファーボレロキーケースにリメイク…6,000円(+税)~

・指なし手袋にリメイク…15,000円(+税)~

・ミニマフラーにリメイク…26,000円(+税)~

・バッグにリメイク…12,000円(+税)~

・ロングショールにリメイク…105,000円(+税)~

・フード付きベストにリメイク…130,000円(+税)~

その他のリメイクはコチラから

 

見積りしてから断れるの?

サロン・ド・アルファードでは、

ファーのリフォーム・リメイクの

お見積り後に取りやめることができます。

お見積りの際にお預かりした

ファーアイテムをお戻しする時の

返送料はサロアルが負担します。

気軽に見積りをとることができます

誰がやっているの?

ファーのリフォーム・リメイクは、

サロン・ド・アルファードのスタッフが承ります。

リフォーム・リメイクのご提案・お見積り担当は

ファーのリフォーム、リメイクのご提案や、

ご相談会の担当は、サロアル工房スタッフが

店舗接客やお電話接客にて承ります。

より魅力的な、お客様のご要望に沿った

ご提案をさせていただいております。

お気軽にご相談くださいませ。

店舗でのご相談は・・・

サロン・ド・アルファード恵比寿三越店(水・土開催。ご予約制)

・ポップアップショップや直営店(不定期)

サロン・ド・アルファード本社ショールーム(ご予約制)

 

お電話・メールでのご相談は…

サロン・ド・アルファード カスタマーサポート

048-982-4898(直通)平日9:00-16:00

リフォーム・リメイク専用お問い合わせフォームはこちら

 

リフォーム・リメイクの加工は

サロン・ド・アルファード本社工房の

熟練スタッフが、ファーアイテムの

リフォーム・リメイクを担当します。

提案・見積り担当者と綿密に打ち合わせをし、

お客様のファーのリフォーム・リメイクを

お仕立てをします。

お客様よりお預かりするファーの種類や

リフォーム・リメイクのパターンが変わる

緻密な作業のため、

お時間を長く頂戴しております。

 

どんなファーでもいいの?

リフォーム・リメイクができるファーについて。

条件により、取り扱いができないものがあります。

リフォーム・リメイクできないファー

一例をご紹介します。

リフォーム・リメイクできないファーの一例

・経年劣化して加工できない

・ワシントン条約で取り扱いが禁止されている

 

 ワシントン条約は、正式名称を「絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約(Convention on International Trade in Endangered Species of Wild Fauna and Flora)」といい、英文の頭文字をとってCITES(サイテス)ともいわれます。1973年(昭和48年)にアメリカのワシントンで採択されたことから、ワシントン条約という通称で呼ばれています。

ワシントン条約では、国際間の商業目的の過度の取引による種の絶滅を防ぐため、絶滅のおそれがあり、保護が必要と考えられる野生動植物の種について附属書にリストアップし、さらに絶滅のおそれの程度に応じて附属書の内容を三区分(附属書I~III)に分類し、それぞれの必要性に応じて、国際取引の規制を行うこととしています。

日本におけるワシントン条約履行のための措置は、外国為替及び外国貿易法に基づき経済産業省が担当する輸出入の際の水際規制です。

附属書Ⅰに掲載されている種は、絶滅のおそれのある種で取引による影響を受けている又は受けるおそれのあるものとして、商業目的のための国際取引は原則禁止されています。また、国内における取引についても、種の保存法に基づく国際希少野生動植物種(うち一部は国内希少野生動植物種)として規制されています。

https://www.env.go.jp/nature/kisho/global/washington.html(環境省HPより)

 

ファーの種類がわからないときは

持っているファーアイテムについて、

何のファーかわからないときは、

サロン・ド・アルファードにお問い合わせください。

お電話で説明するか、

一度お預かりしてファーの種類を

確認してお伝えします。

その際の返送料はサロン・ド・アルファードが負担します。

 

まとめ

 

いかがでしたか?

ファーのリフォーム・リメイクについてわかった!

と思っていただけたら嬉しいです。

もし、

「こんなことがもっと知りたい」

「おしえてほしいことがある」

ことがありましたら、

サロン・ド・アルファードカスタマーサポートまでご連絡ください。

上のオペレーターをクリックしてネ!

最後まで読んでくださり

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

ABOUT ME
山本 良枝
サロアル本社スタッフの山本良枝です 楽しい・おもしろい・おいしい・かわいい の形容詞が大好き cafe de alfurdブログ担当です

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です