コラム

皮と革の違いを調べてみました

こんにちは、軽いレザーバッグとスマイルマークアイテムのブランド、サロンドアルファードのやまもとです。

レザーは日本語ではかわと呼ばれてますが、書く場合、皮か革かどちらが正しいのでしょうか。

今回は皮と革の違いを調べました。

皮とは?

動植物の肉・身を包んでいる外側の膜。表皮。「みかんの皮をむく」「鮫(さめ)の皮」「魚の皮をはぐ」

物の表面にあって、中身を覆ったり包んだりしているもの。「饅頭(まんじゅう)の皮」

物事の表面にあって、本質を覆っているもの。「欲の皮」「化けの皮をはがす」

コトバンクHPより

包んでいる外側の膜のことを皮(英語でskinスキン)と呼びます。

りんごの皮、爪の甘皮、餃子の皮など使います。

「転んで膝のカワがむけた」は皮です。

 

革とは?

革とは、「牛革の靴」「蛇革の財布」など、動物の皮から毛や脂肪などを取り除き、腐敗や硬化することを防ぐために薬品で処理する「なめし加工」をしたもののこと。

違いがわかる辞典HPより

皮を鞣し(なめし)加工したものを、革(英語でleatherレザー)といいます。サロンドアルファードのバッグや財布で使っている「革」は、皮を腐敗しないように加工したものなんです。

なめすとは

 

動物の生皮から不要なたんぱく質や脂肪を取り除き、薬品で処理して、耐久性・耐熱性・柔軟性をもたせる。

goo辞書より

鞣すと書きます。「革」という字と「柔らかい」という字が使われていて、しなやかなレザーを表してますね。

皮革とも言うけど

なめしていない生皮から革までを含めて皮革(ひかく)と総称する。

コトバンクHPより

皮革は、皮から革までの広い範囲の総称です。

 

 

まとめ

皮と革の違い、わかりましたか?

覆ってるものを皮(スキン)、皮を腐りにくいように柔らかく加工したものを革(レザー)ということがわかりました。

バッグやおさいふで使われるのは、革、レザーです。

最後まで読んでくださりありがとうございました😊

お試しイタリアンレザーお取り寄せスタート

2021年3月より、サロアル公式オンラインショップで、新しいレザーサンプル、イタリアンレザーお取り寄せがスタートしました。

サロン・ド・アルファードでよく使われているイタリアンシュリンク型押しレザー全10色を3センチ×3センチ角にカットしてお届けします。

さらに、8センチ四方の大きいサイズのレザーサンプルの端に、スマイルマークを型抜きしたものを1枚お付けします。カラーはサロアルおまかせとさせていただきます。

革の質感やしなやかさを確かめた後は、お好きなように活用してください。

通常1,100円(税込)のところ、サロンドアルファード公式オンラインショップの会員さまは初回ご注文のみ無料です!

ぜひぜひお取り寄せしてくださいね〜。

お試しイタリアンレザーサンプルの取り寄せはこちらから。

ABOUT ME
山本 良枝
サロアル本社スタッフの山本良枝です 楽しい・おもしろい・おいしい・かわいい の形容詞が大好き Twitterとcafe de alfurdリレーブログ木曜担当です

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です