コラム

こんにちは✨札幌三越店のmiyukiです👱🏻

色の不思議について、ご紹介いたします。

色の持つイメージが人の心理に与える効果は科学的には十分に解明されていませんが、色の持つ心理的効果は、人の感覚や感情に影響を与えることができるといわれています。

【赤】赤は血液や太陽、炎など生命に直結するイメージが強いことから、エネルギーの象徴といわれています。

【ピンク】ピンクは刺激が少なく、かわいらしさや健康を連想させます。
花の甘い香りにピンクをイメージする人が多く、幸福感を与えることもできるようです。

【オレンジ】近年の調査で、色の中で最も暖かいと感じられる色はオレンジ色という結果が出ています。
暖かみを感じさせるため、親しみやすさを与えることができるようです。

【茶色】茶色は植物を育む大地の色であるため、人間にとっても支えの色であるといわれています。
そのため、落ち着きや安心感、温もりを感じさせるようです。

【黄色】太陽の光や穀物の実りの色が黄色であることから、明るさ、普遍性、エネルギーを感じさせ、喜びや希望、幸福などポジティブなイメージを与えることができるようです。

【緑】緑は自然そのものを指すことから、安らぎや安心感を与えと言われています。そのため、癒しを与えたり興奮を抑えたりする効果もあるそうです。

【青】青は水や空を連想させることから、冷たく神秘的なイメージを与えるようです。空や海の広大さから孤独感やクールダウン効果もあるそうです。

【紫】昔、紫の染料は貴重であったため、その名残で高貴、高級というイメージを与えることができるそうです。

【白】白は光によって明るくなった環境を表す色であることから、純粋で清潔なイメージを与えることができるそうです。

【灰色】原始の時代に、雨や嵐の前兆である灰色の空を見上げた時の不安な気持ちが灰色のイメージとなっているそうです。
白でも黒でもないはっきりとしない色で、不安を感じさせ、陰気なイメージを与えますが、そのソフトな色合いで落ち着きや控えめな印象を与えることもできるそうです。

【黒】光の白と対する黒は闇の象徴であり、恐怖感や孤独を感じさせる色だそうです。業界によっては、強さやかっこよさの象徴であり、おしゃれでクールな印象を与えることもできるそうです。

色が人の心理にどのような影響や印象を与えるかは、科学的には十分に解明されていないのが実情です。

最後まで、ご覧いただきありがとうございました🙇‍♀️札幌三越店では、Instagramで商品紹介をしています。@s.alfurd_sapこちらも、ぜひ、ご覧くださいませ🙇‍♀️

次回は、オススメのおやつをご紹介いたします。

 

 

 

 

 

 

ABOUT ME
miyuki
北海道の魅力をご紹介します❣️ 美味しい食べ物カフェ巡り& 大自然山歩きなど


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です