いつもご愛顧くださり有難う御座います! ゲスト様 カートを見る

トップページ > 特集「革」:皮革の種類や特徴の基礎知識 > 本革クロコ型押しレザーの特徴とおすすめアイテム


クロコ型押しレザー
本物のクロコダイルのように、グレージング(革に平骨性と光沢感を与えるために、 強い圧力を加えながら摩擦する仕上げ)をかけたような仕上がり。 他のマテリアルよりも、少しクールな趣に仕上がっております。お値段もお手頃で、クロコダイルのテイストを味わうことができます。
素材
牛革
原産国 / 加工国
原産国 : 世界各国
加工国 : 日本
メリット
傷や汚れが目立ちにくい
発色が良い

デメリット
水気による色移りの可能性あり
ロットによる色ブレがある
使い始めは革が硬い

  • クロコ型押ブラック

  • クロコ型押ダークブラウン

  • クロコ型押パープル

  • クロコ型押レッド

  • クロコ型押グレイ

  • クロコ型押ピンク

  • クロコ型押クランベリー

  • クロコ型押ミルクティ

  • クロコ型押レモン

  • クロコ型押オレンジ

  • クロコ型押シャンパン

  • クロコ型押ミディアムスタンプマゼンタ
クロコ型押しレザー(牛革)「イタリアから取り寄せた型で作った高級感あふれるクロコ型押しレザー」
牛革にクロコ模様の型をプレスして仕上げたレザー。 小さな腑のクロコ型押しレザーは、細かい部分と 大きな部分の腑が本物のクロコを最も髪髪させてくれるものです。 なんでもタンナーさんがイタリアからわざわざ取り寄せた型を使用しているとのこと。 その為、すごくラグジュアリーでエレガントなデザイン。そして本物のクロコほど お高くないという比較的お手頃な素材。 硬さはやや硬めでつややかな光沢感をおびております。 厚さは1mmほどと薄く出来ており、軽い仕上がりになります。
前述の通常のクロコ型押しレザーでは表現できないお色や質感、美しさを追求するため、腑の模様が一様な「ミディアムスタンプ」と腑の大きな「ラージスタンプ」レザーを用意いたしました。通常のクロコ型押しレザーよりも、腑の大きさが少し大きめな型押しレザーです。 通常のクロコ型押しレザーよりも革が硬く、艷やかな仕上がりです。発色もよくクロコの型押しレザー(腑の小さいタイプ)よりも、耐久性は高いです。財布や小物、小さなバッグで人気のレザーです。
とても美しいレザーですが、クロコの型押し模様が細かいため、 バッグに使用するとバッグの端の部分が擦れ、 カサカサになりやすいです。 クリームによるお手入れを定期的に行うことによって風合をより長く保つことができます。

  • クロコ型押パールラベンダー

  • クロコ型押パールスカイブルー

  • クロコ型押パールエメラルド

  • クロコ型押パールシルバー

  • クロコ型押パールシャンパンゴールド

  • クロコ型押パールロゼ
クロコ型押パール加工レザー(牛革)「パール加工を施した華やかなクロコ型押レザー」
やや小さな腑のクロコ型押レザーの表面にパールをのせて仕上げたレザー。パステル系の華やかな表面にパールが入ることで、さらに上品なテイストに仕上がりました
レザーのお手入れ
お手入れ方法
ご使用後は、表面をタオルなどで拭いて汚れを取り、市販の革クリームを使うとより長く使うことができます。 雨の日は防水スプレーの使用をオススメ致します。雨による色落ちはそこまでありませんが(白いシャツ等は 色移りの可能性があるのでお気をつけください)、防水スプレーを使わないと、淡いお色は水跡が残る恐れがあり ますのでご注意ください。
ご注意
※極端な水気や汗などの要因がなければそうそう色落ちすることはありません。
※一般的なレザーと同様に夏場の場合には雨、夏場の汗などの要因が揃わなくとも色移りの可能性は0ではありません。


個人情報の取り扱いについて  |  特商法に基づく表記  |  SALON DE ALFURD ALL RIGHTS RECEIVED