いつもご愛顧くださり有難う御座います! ゲスト様 カートを見る

トップページ > 特集「革」:皮革の種類や特徴の基礎知識 > イタリアンシュリンク型押しレザーの特徴とおすすめアイテム


イタリアンシュリンク型押しレザー
イタリア製のシュリンク型押しレザー。
イタリアの染色へのこだわりを知る事ができる上品なニュアンスカラー(良い意味で曖昧なお色)と共に、 レザーの表面にはきめ細かい凹凸を施すシュリンクのプレス加工を行うことで風合い豊かな雰囲気に仕上げています。
さらに、傷に強く、使用時に付いた傷が目立ちにくいというメリットもあるレザーです。
※傷の大きさによっては傷が目立つことがあります。。
素材
牛革
原産国 / 加工国
原産国 : 主にオーストラリア、ニュージーランド、その他世界各国
加工国 : イタリア
メリット
傷や汚れが目立ちにくい型押し加工
優れた耐久性

デメリット




  • アッシュブルー

  • ネイビー

  • セメント

  • アッシュ

  • ブラック
「心引き込まれるニュアンスカラーと革の魅力を引き出すシュリンク加工」
イタリア製のシュリンクレザー。イタリアの染色へのこだわりを知る事ができる上品なニュアンスカラー(良い意味で曖昧なお色)と共に、レザーの表面にはきめ細かい凹凸を施すシュリンクのプレス加工を行うことで風合い豊かな雰囲気に仕上げています。さらに、傷に強く、使用時に付いた傷が目立ちにくいというメリットもあるレザーです。 ※傷の大きさによっては傷が目立つことがあります。
レザーのお手入れ
お手入れ方法
ご使用後は、表面をタオルなどで拭いて汚れを取り、市販の革クリームを使うとより長く使うことができます。 雨の日は防水スプレーの使用をオススメ致します。雨による色落ちはそこまでありませんが(白いシャツ等は 色移りの可能性があるのでお気をつけください)、防水スプレーを使わないと、淡いお色は水跡が残る恐れがあり ますのでご注意ください。
ご注意
※極端な水気や汗などの要因がなければそうそう色落ちすることはありません。
※一般的なレザーと同様に夏場の場合には雨、夏場の汗などの要因が揃わなくとも色移りの可能性は0ではありません。


個人情報の取り扱いについて  |  特商法に基づく表記  |  SALON DE ALFURD ALL RIGHTS RECEIVED